[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、各地の小劇場が窮地に立たされている。休館を余儀なくされたうえ、再開できても客席の間引きなどを求められ、収入の目減りは必至。何とか表現の場を守りたいと、生き残り策を模索する。危機感を持つ演劇人も支援を呼びかける。

 大阪・ミナミで28年続く「ウイングフィールド」。雑居ビルの1フロアを使った空間は、80人も入れば満席だ。若手の発掘や劇団同士の交流にも熱心で、関西に限らず、東京や名古屋の劇団にも親しまれてきた。

拡大する写真・図版「ウイングフィールド」の入るビル=2020年5月6日、大阪市中央区東心斎橋2丁目

 3月以降、7月末までに入って…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら