【動画】東京パラへの意気込みを語るアメリカ代表のマット・スタッツマン選手=遠藤啓生撮影
[PR]

技―WAZA―

 人は彼をこう呼ぶ。アームレス・アーチャー。

 生まれつき腕のないアーチェリー選手が駆使する技が、「足射(う)ち」だ。

 マット・スタッツマン(37)=米国=は足の指を手のように使って弓に矢をセットし、足で50メートル先の的を射抜く。独特な射法から繰り出す矢の勢い、精度はトップレベルだ。

拡大する写真・図版パラアーチェリーのマット・スタッツマン=諫山卓弥撮影

 2015年には世界アーチェリー連盟が定める条件下で最も遠い的を射抜く記録に挑戦。健常者を上回り、約283メートルのギネス記録を打ち立てた。

 「僕は全てのことを足でやる。足が手なのです」

 なぜ、高いパフォーマンスを発揮できるのか。理由の一つが、構えを固める力にある。

拡大する写真・図版アーチェリーの準備をするマット・スタッツマン=2020年1月14日、東京都品川区、諫山卓弥撮影

椅子に座ったまま弓を引くスタッツマン。食事や歯磨き、車の運転など、日常生活での動作も繊細に足を操ってこなします。

 健常者は立った状態で、片手で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら