[PR]

 新型コロナウイルス対策として国が支給する1人10万円の「特別定額給付金」をめぐり、福島県天栄村は20日、住民の約2割にあたる1162人に対し、二重に振り込むミスがあったと明らかにした。村は住民に謝罪し、計1億1620万円の回収を進めている。

 村によると、担当職員が15日、住民の振込先が記録されたデータを金融機関に渡す際、すでに依頼済みのデータを誤って渡したという。二重に支払われた住民からの指摘などがあり、ミスが判明した。(田中基之)