[PR]

 トヨタ自動車は20日、制御プログラムに不具合があったとして、ヤリス2万7622台(2019年12月~20年4月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、アイドリングして停車している際の振動を、車が動いている時のものと誤検知してしまうことがあるという。

 また、同社はカローラなど4車種の計7万8292台(19年7月~20年3月製造)の改善対策も国交省に届け出た。同省によると、後部座席でシートベルトを着脱した時に、ほかの後部座席の警告灯が消えることがあるという。

 問い合わせはお客様相談センター(0800・700・7700)。(贄川俊