[PR]

 一見するとコンビニのおにぎりのようですが、中身はケーキです――。そんなスイーツ「OMUSUBI Cake(おむすびケーキ)」が、名古屋市にある商業施設「アスナル金山」で27日まで販売されています。

 三角の形でフィルムで包装されている点など、見た目はコンビニのおにぎりにそっくりなおむすびケーキ。ノリのように見えるのはブラックココアを使ったクレープで、その内側にはスポンジやクリームなどが入っています。

 ティラミスや抹茶、クッキー&クリームなど全10種類があって、定番9品が各1個432円、季節限定品の「桜」が486円です(いずれも税込み)。

 考案したのは、大阪市在住のスイーツプロデューサー・TSUBASAさん(33)。販売開始は昨年8月で、通販や百貨店の催事などで累計20万個を販売しているそうです。

 「嗜好(しこう)品であるスイーツを日常のものに」というテーマで開発したというおむすびケーキ。「コンビニスイーツは買う人のニーズをとても考えて開発されていると思っていました。参考にしようとコンビニに入って目についたのが、おにぎりだったんです」

 当初、コンビニのおにぎりと同…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら