[PR]

 第102回全国高校野球選手権大会と地方大会の中止を受け、かつて甲子園をわかせたプロ野球OBからも、コメントが相次いだ。

 池田(徳島)時代に甲子園で優勝経験がある水野雄仁さん(現・巨人巡回投手コーチ)は「かける言葉が見つかりません。新たに目標を設定することは難しいですが、一緒に練習してきた仲間は一生の仲間です。それぞれ進んでいく道は違いますが、素晴らしい仲間ができたことには、変わらない。3年間培った絆を大事に、前向きに進んでほしい」と球団を通じてコメント。

 PL学園(大阪)で5度の甲子園を経験し、夏は2度制した桑田真澄さん(元巨人など)は「最後のチャンスに挑むことすらできなかった3年生のことを思うと、本当に胸が痛みます。全国各地から甲子園に選手が集まると、クラスターが起きてしまう可能性も否定できない。非常に難しい判断だったと思います。今はショックで、何も手につかない選手も多いでしょう。この逆境をバネに努力を続けて欲しいと思います」との談話を寄せた。