緊急事態宣言も歌に さだまさしが守りたい「自由」

有料記事新型コロナウイルス

定塚遼
[PR]

 「『関白宣言』を作ったさだまさしが『緊急事態宣言』という歌を作るらしい」。ネット上で広まった冗談を受け、さだは本当に「緊急事態宣言の夜に」という曲を作り、先月の配信ライブで歌ってみせた。コロナとの闘いは「自由な日本を守るための闘い」とも話す。何度も音楽をやめようと思ったというさだまさしさんが、いま思う自身の「存在理由」とは。

 客がいなくなる恐怖、曲が書けなくなる恐怖を抱え続けた。それでもさだは、自分の「存在理由」を見つけることを目標に歌手を続けてきた。だが、それは見つからないまま半世紀近くが過ぎてしまったという。20日に発売された新アルバムのタイトルは「存在理由~Raison(レゾン) d’●(eに^(曲折アクセント)付き)tre(デートル)~」だ。

 デビュー47年にしてオリジナルアルバムは実に46作目。ほぼ1年に1作のハイペースで創作を続けてきた。なぜこのペースにこだわるのか。さだは、「歌手を続けられるかどうかの確認作業を毎年するため」と明かす。「曲が書けなくなったら閉店。まだお店を続けていいのか、閉じるべきか。こんなロートルに返信があるかどうかのリトマス試験紙ですよね」

 齢(よわい)60を過ぎても…

この記事は有料記事です。残り1413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]