[PR]

 衆院憲法審査会の与野党筆頭幹事は20日、同審査会を28日に開催することで合意した。憲法改正の手続きを定める国民投票法をテーマに自由討議を行う方向。実質審議は昨年11月以来、約半年ぶりとなる。

 自民党の新藤義孝・与党筆頭幹事と立憲民主党の山花郁夫・野党筆頭幹事が20日の協議で合意。与党側が求める国民投票法改正案の審議と、野党側の主張する国民投票時のCM規制に関する議論を包括して行う。21日に与野党幹事懇談会を開いて、具体的な審議時間や内容を詰める。

 新藤氏は記者団に「野党が懸念されていることも含めて自由な討論をする」と強調した。

 立憲など野党4党は当初、検察…

この記事は有料会員記事です。残り213文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!