【動画】400年以上続く「酒田まつり」がひっそりと開催=鵜沼照都撮影
[PR]

 酒田まつりが20日、山形県酒田市内で行われた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、例年行われてきた宵祭りや山車行列は中止に。露店なども出ず、わずかに神社での神事などが粛々とあった。

 まつりは、市内にある上日枝神社と下日枝神社の例大祭・山王祭として、1609(慶長14)年から400年以上、一度も途切れることなく続く。「酒田大火(1976年)があった後も休まなかった」というのは、酒田市民の自慢だ。

 例年は派手に担ぎ出すみこしも今年はお休み。「3密」を避けるために最少人数で、台車に乗せたみこし2基を引っ張って神社周辺を巡行した。距離も例年の3分の1ほどだったが、有志で集まったマスク姿の引き手らは「神事で神様を呼んだのだから、今年の街がどんな様子なのかを、ちゃんと見てもらわないと」と話していた。(鵜沼照都)