【動画】コアラの赤ちゃんすくすく 鹿児島市の平川動物公園=三沢敦撮影
[PR]

 やっと会えたね――。鹿児島市の平川動物公園でコアラの赤ちゃんが誕生し、元気な姿を見せている。大型連休中に母親のおなかの袋から出てきていたが、その時は新型コロナウイルスの影響で休園中。緊急事態宣言の解除を受けて利用が再開され、ようやくのお披露目となった。

 赤ちゃんはメスで、昨年10月17日、父親バンブラ(7歳)と母親ジェイン(5歳)の間に生まれた。半年ほど母親の袋の中で育ち、5月4日に袋から全身が出る「出袋(しゅったい)」が確認された。ところが「ようやく顔が見られるようになった時には臨時休園中だったんです」と福守朗園長。大型連休を楽しむ家族連れに見てもらいたかったが、愛らしい姿を公開できたのは、その2週間後。市が同園を含む13施設の利用を再開した18日からだった。

 それでも赤ちゃんは元気いっぱい。母親の背中にしがみついたり、抱っこされたり。まん丸の目で不思議そうに周囲の様子を眺めることもある。

 この赤ちゃんの誕生で、同園の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら