[PR]

 全国高校野球選手権大会の中止が決まり、愛知県内の選手、指導者は落胆を口にした。

 昨夏の愛知代表・誉の堀魁斗主将(3年)は「小さい頃から甲子園でプレーするのが夢だった。2年連続で甲子園に出場したいという気持ちがあり、非常に悔しいし、悲しい」。新型コロナウイルスの感染拡大で国の緊急事態宣言が出てからは、チームで練習ができなくなったが、その間も部員たちはLINEで「夏頑張ろう」と連絡を取り合ってきた。

 誉が甲子園に初出場した昨夏は応援団長だった堀主将は「大学で野球をやろうか迷っていたけど、このままでは不完全燃焼。大学でも野球をやりたいという気持ちが強くなった」。昨夏、先発選手では唯一、2年生として甲子園でプレーした手塚陸斗選手(同)も「甲子園に出た時、同じ高校生とは思えない選手がいっぱいいて、改めてすごい舞台なんだと感じた。大学野球でもそんな選手たちに負けないように野球を続けていきたい」と話した。

 昨夏、愛知大会準優勝の桜丘の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら