[PR]

 春に続き、夏も甲子園でプレーできなくなった。20日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国高校野球選手権大会と山梨大会の中止が決まった。山梨県内の監督や選手は決定を受け止めながら、やり場のない悔しさを表した。

 死に物狂いで、甲子園に行けるよう練習していきたい――。

 出場するはずだった春の選抜中止が決まった際、そう語った山梨学院の功刀史也主将(3年)。夏の舞台も消え、「目標にしてきたので本当に残念。ただ、コロナで国内外で多くの人が亡くなっている。人の命が大事。受け止めている」。

 昨秋の関東大会で準優勝し、つ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら