ゴーン被告と逮捕の父子、933号室から始まった逃亡劇

有料記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(66)の国外逃亡を手助けした疑いで、米捜査当局は20日朝、米国籍のマイケル・テイラー容疑者(59)と息子のピーター容疑者(27)を逮捕した。東京地検特捜部が犯人隠避などの容疑で逮捕状を取っていた。米捜査当局が裁判所に提出した記録から、ゴーン前会長がどのようにして逃亡したかの詳細が判明した。

 記録によると、ピーター容疑者はゴーン前会長が逃亡する前の2019年7月、8月、12月初旬の計3回、日本を訪問。その際にゴーン前会長と7回にわたって面会していた。

 ピーター容疑者が再び日本に…

この記事は有料記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。