100歳の指揮者、コロナ禍の後輩にメッセージ

有料記事新型コロナウイルス

編集委員・吉田純子
[PR]

 バッハ演奏の権威である独の名匠、指揮者のヘルムート・ビンシャーマンが3月22日に100歳を迎えた。コロナ禍で舞台に立てない日本の演奏家たちを思いやり、「芸術的充電ができるまたとないチャンスと思い、楽しく毎日を送ってください」と書面でメッセージを寄せた。

 1962年以来、自身創設の古楽団体「ドイツ・バッハ・ゾリステン」と頻繁に来日した。「訪れていない県はないんじゃないかな」。大阪フィルハーモニー交響楽団とも6度の共演を重ねる。

 幼い頃、病気の後遺症で発声…

この記事は有料記事です。残り459文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]