[PR]

 東京高検の黒川弘務検事長(63)が緊急事態宣言中に新聞記者らとマージャンをしていたと報じられた問題で、立憲民主党など野党各党の国会対策委員長が21日午前、国会内で会談し、法務省に対し、同日中に事実関係を国会に報告するよう求めることで一致した。

 会談後、立憲の安住淳国対委員長は記者団に「新型コロナ対応に集中しろという助言も聞かず、脱法的措置で黒川氏の定年延長を閣議決定し、突き進んだ。その結果が賭けマージャンかよと憤っている」と強調し、閣議決定の撤回を要求。

 「黒川さんの(定年)延長は『余人をもって代え難いからだ』と言い続けてきたのは安倍晋三首相だ。本来なら総辞職に値する」などと批判し、閣議決定を主導した森雅子法相や安倍晋三首相の責任を追及する考えを示した。

 その後、安住氏は自民党の森山裕国対委員長と会談。同日夕の衆院法務委員会理事懇談会で調査結果の報告を求め、明確な回答がなければ22日以降の国会審議に応じない考えを伝えた。野党側は報道が事実と確定した場合、「退職金をもらうような辞任のやり方はダメだ。免職に値するのでは」(安住氏)との立場で、黒川氏の国会招致の是非なども今後検討していく方針だ。