[PR]

 広島市東区にある「山田居宅介護支援事業所」。所長の山田寿美子さん(76)は、原爆で両親を亡くした原爆孤児だ。終戦後は貧しい生活を送り、学生時代は差別も受けた。被爆から75年が経った今もなお、被爆者の支援を続けている。その思いを聞いた。

 75年前の8月6日、爆心地から約2・3キロ離れた広島市三滝町(現・西区)にある母方の実家で暮らしていた。

 当時の記憶はほとんどないが、共に被爆した18歳上の長姉、静枝さんによると、爆風で1メートルほど吹き飛ばされ、割れたガラスの破片が体中に突き刺さったという。静枝さんに抱きかかえられ、裏の竹林に避難した。

 両親は建物疎開の作業に駆り出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら