[PR]

 日本新聞協会と日本民間放送連盟(民放連)は21日、新型コロナウイルスの感染者や医療従事者への差別や偏見、中傷は決して許されないとして、「今後一層、差別・偏見がなくなるような報道を心がける」とする共同声明を出した。山中伸弥・京大教授ら研究者や臨床家からの要望を受け、ワーキンググループを立ち上げて意見を交換してきた。

 共同声明では、インターネット上で感染者の実名を暴露しようとする動きに加え、医療従事者や家族がホテルの宿泊や保育施設の利用を断られるケースなどがあることに触れ、「こうした事態が続けば医療従事者の離職を生み、医療崩壊の危機が高まる」との認識を示した。院内感染について「センセーショナルにならないよう節度を持った取材と報道に努める」とし、感染者に関する報道でも、「有用な情報を、プライバシーを侵害しない範囲で提供するという観点から議論を深める」と表明した。