[PR]

 大和証券グループ本社の中田誠司社長は、ネットを通じたインタビューに応じ、テレワークで「業務の効率が上がっている」などと語った。

 傘下の大和証券では4月の緊急事態宣言後、全国に170ある本支店や営業所の窓口を閉め、出勤者を3割に抑えた。顧客との面談も自粛中だが、メールなどを使うことで顧客と連絡を取る回数は以前より2~3割増えているという。

 感染が広がる前からテレワークを準備していたことが、強みになっている。約1万人の全営業員に、会社の基幹システムにアクセスできる端末を昨年末に配布した。口座開設や金融商品の売買など、全ての取引の受け付けを社外でもできるようにした。

 顧客層は高齢者も多いが、「6…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら