太平洋の島国でロックダウン 予行演習なのに禁錮刑も

有料会員記事新型コロナウイルス

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 太平洋の島国のソロモン諸島が20日夕、首都ホニアラで36時間のロックダウン都市封鎖)態勢を敷いた。同国では新型コロナウイルスの感染者はゼロだが、「感染者が出たときの対応をテストする」(ソガバレ首相)ため。いわば「予行演習」だが、封鎖を破った人に、罰金や禁錮刑も科すとする徹底ぶりだ。

 人口約65万人の島国の首都には8万人余りが住む。封鎖下では警察や防災、医療、保健などを除く業務を停止。一般市民は医療目的のほか、必要不可欠な食料、医薬品を指定場所で入手する以外の外出が禁じられた。

ここから続き

 同国内では20日、中国やオ…

この記事は有料会員記事です。残り388文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]