[PR]

 九州最大規模のよさこいイベント「YOSAKOIさせぼ祭り」の実行委員会は21日、10月下旬に予定していた第23回の祭りを来年10月に「延期する」と発表した。事実上の中止。台風でスケジュールの一部が中止されたことはあったが、全日程がなくなるのは初。

 新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見ながら慎重に検討し、4月末には昨年の参加チームにアンケートを取るなどして判断したという。20日に市内の主要チームに「延期」の方針を説明し、21日に正式に報道機関に発表した。

 実行委の本田英樹委員長はアンケート結果を踏まえ、「県内のチームの中に開催しないでほしいという声が多数を占めたのが大きな判断材料になった。よさこいの火を消さないため、規模を縮小してでも代替イベントができないか今後も模索する」と話した。

 祭りは1998年に始まった。昨年は10月18日に前夜祭、翌19~20日に本祭りがあり、メイン会場には本祭りの2日間で約7万2千人が集まった。踊り子は県内外から170チーム、約7千人が集結した。(原口晋也)