[PR]

 上越市立水族博物館「うみがたり」で飼育されていたメスのシロイルカ「リーヤ」が20日夜に死んだ。市が21日発表した。人間にするとまだ20代ぐらいの若さ。新型コロナウイルスの影響でうみがたりが最近まで休館したため、愛らしい姿を大勢に見てもらえず、寂しい最期になった。

 リーヤは2018年6月のうみがたりリニューアルオープンに合わせ、横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)からやってきた。「うみがたりの中心にいるような存在」(関係者)で、訪れた人たちを癒やし、楽しませていた。

 芸の訓練に励んでいたが、今年3月29日に体調を崩し、腎炎と診断された。一時は回復したが、4月30日になって再び悪化したという。推定13歳だった。

 うみがたりによると、シロイル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース