[PR]

 感染終息後には、秦野に集まってお食事を――。神奈川県秦野市は、4人以上で1人当たり4千円以上の飲食をした人たちに、1人につき千円ずつキャッシュバックをする方針を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大で冷え込んだ消費を終息後に速やかに取り戻し、消費者と商業者の双方を支援する狙いがある。

 感染終息が前提のため開始時期は未定。高橋昌和市長は19日の記者会見で「平穏な日々が取り戻され、みんなで飲食が楽しめる日々がくるという希望も必要で、商業者にも一日も早く元気になってもらいたいというメッセージを込めた」と話した。

 秦野商工会議所などと実行委員会を作る。今後募集する市内の登録店舗で、4人以上で1人当たり4千円以上の飲食をすると、市民でなくても1人千円を還元する。今はできない卒業・入学祝い、歓送迎会、同窓会などを終息後に開いてもらうなど、様々な場面での活用につなげたい考えだ。

 事業費は5万人分の還元と事務費で計6千万円。市議会6月定例会に関係議案を提案する。市はこの事業を含め、新たに総額約11億円の新型コロナウイルス対策を発表した。(豊平森)