元民社党委員長で衆院議員を10期務めた塚本三郎さんが20日午前、老衰で死去したことが関係者への取材でわかった。93歳だった。通夜や葬儀は近親者のみで営む。後日お別れの会を開く予定。

 塚本さんは名古屋市出身。1958年の総選挙で社会党から出馬し、初当選。60年、民主社会党(民社党)結党に参加した。74年に民社党書記長、85年、党委員長に就任した。

 90年の総選挙で10回目の当選を果たした。93年に旧愛知6区で落選。94年、民社党は解散し、新進党に合流したが参加しなかった。96年の総選挙では自民党から愛知4区に立候補したが落選した。(小林圭)