[PR]

 東京高検の黒川弘務検事長(63)が、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に新聞記者らとマージャンをしていた問題で、黒川氏の辞職が政府に承認されたことを受け、検察トップの稲田伸夫検事総長(63)は22日、「検察の基盤である国民の信頼を揺るがしかねない深刻な事態であり、国民の皆様におわび申し上げる」と謝罪するコメントを出した。

 今後については、「綱紀の保持を一層徹底するとともに、検察の使命を全うしていけるよう、努める」とした。自らの責任については触れなかった。