[PR]

 「夏の風物詩」が消えかねない。新型コロナウイルスの感染拡大によって花火大会の中止が広がり、休業を余儀なくされる業者も相次いでいる。危機感を強める若手職人らは「いまこそ花火の力を示し、みんなを元気づけよう」と、全国各地で一斉に花火を打ち上げる計画を進めている。

拡大する写真・図版火薬庫に並ぶ花火玉入りの段ボール箱を見つめる山崎煙火製造所の山崎智弘さん=2020年5月21日午後6時5分、茨城県つくば市、同社提供

 茨城県つくば市にある創業117年の老舗「山崎煙火製造所」の火薬庫には、出番を失った直径30センチの尺玉入りの段ボール箱が山のように積み重なっていた。

 「収入はほぼゼロ。今年の夏はほとんど仕事がなくなりそうです」。専務取締役の山崎智弘さん(37)は肩を落とす。

 花火業者の収入の柱は、花火大…

この記事は有料会員記事です。残り1373文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。