[PR]

 安倍晋三首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会をめぐり、弁護士らが公職選挙法違反などの疑いで東京地検に首相らを告発したことについて、首相は22日の衆院厚生労働委員会で「告発状の中身を承知していないので具体的なコメントは差し控えたい」と述べた。

 野党統一会派の小川淳也氏(無所属)が、東京高検の黒川弘務検事長の辞任を踏まえ、「『官邸のお庭番』『政権の守護神』と言われた検察の最高幹部を失った」と評した上で告発について質問。首相は「黒川氏に対する評価は臆測で言われている。それを前提にしたお答えはできない」と一度は答弁を拒否した。改めて認識を問われると「コメントは差し控えたい」と語った。