[PR]

 新型コロナウイルスの感染予防に使われる消毒用アルコール製品の需要の高まりを受け、政府は22日、高値での転売を禁止することを決めた。政令を改正し、26日から施行する。

 対象となるのは医薬品や医薬部外品の消毒用アルコール製品。消毒用エタノールや、エタノールを含むハンドソープなどが対象になる。また、消毒液の代用品となるアルコール濃度60%以上の酒類や、高濃度のエタノールを含む除菌シートなども含まれる。

 こうした製品の転売が相次いでいるとして、マスクに続いて国民生活安定緊急措置法に基づく政令で規制する対象に加えた。一般の消費者が使う店舗や、インターネットサイトなどで購入したものを、取得価格を超える価格で不特定多数に転売した場合に、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科す。

 衛藤晟一消費者担当相は22日の閣議後会見で「(消毒用アルコール製品は)新しい生活様式に大変必要なものだと思っている。一部で高値転売がみられるので、今のうちに早く措置をとりたい」と述べた。(前田朱莉亜)