[PR]

 JR東日本は22日、東京・竹芝で建て替え中の劇団四季の2劇場について開場を延期すると発表した。「秋」劇場は7月14日から10月24日に、「春」劇場は9月10日から2021年1月に延ばす。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、海外スタッフの来日のめどが立っていない。緊急事態宣言で稽古ができないことも響いた。

 「春」劇場のこけら落としとして予定していたアニメ「アナと雪の女王」のミュージカルは、開幕を21年6月に延期する。「秋」劇場のこけら落とし作品は人気演目「オペラ座の怪人」を上演する。

 二つの劇場は再開発が進む「ウォーターズ竹芝」のなかにできる。