[PR]

 鹿児島県は22日、新型コロナウイルスの影響で落ち込む県内観光の活性化策として、県内宿泊に限って利用できる1人最大1万円分の宿泊券を、県民4万人に配るキャンペーンを始めると発表した。

 県の人口は約160万人。県内では先月20日を最後に新たな感染者が確認されていない。

 県によると、まず6月20日以降の宿泊から2万人に、さらに7月から2万人に配る予定。対象者を選ぶ方法は検討中としている。県内の感染状況に関して、直近1週間で「新規感染者が1人以下」「感染経路が不明の感染者は出ていない」など、県が独自に作る指標を満たした場合のみ行う。満たさない場合は実施せず、開始後でも中断するという。

 三反園訓知事が22日の記者会見で発表した。(奥村智司)