[PR]

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは22日、新型コロナウイルスの影響で6月中旬から下旬の間でめざすとしていた開幕日について「すべての緊急事態宣言が解除されれば我々の日程は早急にお話しできる」と、12球団代表者会議後の会見で明らかにした。関係者によると、最短で6月19日の開幕を目標としており、東京や北海道など5都道県で継続されている緊急事態宣言が25日にも全面解除されれば、公表する。

 次回の12球団代表者会議は25日に設定した。120程度で検討しているレギュラーシーズンの試合数について、斉藤コミッショナーは「解除されていれば、25日にだいたいは発表できると思う」と語った。開幕前に行う練習試合は「極力移動をしない方式を考えている」としており、6月初旬から十数試合を予定しているとみられる。

 日本野球機構(NPB)では、試合時の感染拡大防止策や感染者が出た場合の対応などを細かく定めたガイドラインの作成を進めている。各球団の意見を踏まえ、25日に内容を固める予定だ。

 この日、開催されたJリーグと…

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら