[PR]

 市民の手作りマスクを買い取り、市民に無料で配布する岩手県一関市の「みんなのマスクプロジェクト」は、買い取ったマスクが1万1428枚に達した。当初予定していた6千枚の2倍近くになり、市は一関保健センターなどで配布を再開した。

 マスク不足のなか、「咳(せき)エチケットを守る補助に」と始まったプロジェクト。4月24日まで手作りマスクを1枚150円で買い上げ、同13日からの4日間で約1600枚を配布した。多くの希望者が訪れたため配布を一時中断し、態勢を整えて再開した。

 今回は21日から3回にわけ、寄付された分も含めて計1万2千枚を配布する。1人2枚まで。24日と28日も同センターと支所などで行われる。問い合わせは市健康づくり課(0191・21・2160)へ。(泉賢司)