コロナで続く「何でもあり」政策 日銀は政府のATMか

有料会員記事

編集委員・原真人
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大、そして経済活動の停滞によるショックが続くなか、日本銀行が政府の財政を支える構図が強まってきた。日銀がまるで政府のATM(現金自動出入機)のように、事実上の財政資金を提供するパイプがより太くなってきたのだ。

 政府と日銀は22日夜、金融危機東日本大震災など大きなショックの際にしか出さない異例の共同談話を発表。両者が「事態を収束させるためにあらゆる手段を講じる」「一体となって取り組んでいく」と宣言した。

 この危機下で政府と日銀が政策協力をしていくのは当然のことだ。ただし問題はその協力の仕方である。

 共同談話に先立つ22日午前…

この記事は有料会員記事です。残り1406文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら