拡大する写真・図版他県ナンバー車の所有者向けにむつ市の看板会社が開発した「むつ市在住」マグネットシート=青森県むつ市役所

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で県境をまたぐ移動の自粛が呼びかけられるなか、青森県むつ市内の看板会社「十字堂」(山口博美さん経営)が他県ナンバー車に乗っている人向けに「むつ市在住」のマグネットシートとステッカーを制作し、今月から販売を始めた。

 事情があって一時的に他県ナンバーの車に乗っている市民から「周りからの視線を感じる。何かいい方法はないか」といった相談が店に寄せられ、今回の商品を開発したという。

拡大する写真・図版他県ナンバー車の所有者向けにむつ市の看板会社が開発した「むつ市在住」マグネットシート=青森県むつ市役所

 シートやステッカーはともに15センチ角で、車の目立つところに貼って使う。市の了承を得て、「ムチュビエ」(疫病が退散するという「アマビエ」に扮した市のイメージキャラクター「ムッシュ・ムチュランⅠ世」)のイラストをあしらった。

 シートは税抜き1200円、ステッカーが同700円。また同社は、外食自粛で客足が遠のいているむつ下北の飲食店を応援しようと、「TAKE OUT お持ち帰りできます!」と大書したシートも制作、希望店に無料配布している。問い合わせは同社(0175・29・1637)へ。(伊東大治)