ソースにどぼんできない串カツ コロナが食文化を変えた

有料記事新型コロナウイルス

添田樹紀、林幹益
[PR]

 新型コロナウイルスの感染リスクを避けようと、外食の風景に異変が起きている。「ソースの二度漬けアカン」で知られる大阪発祥の串カツでは、缶容器に入ったソースに漬ける伝統の食べ方を、変える店が出始めた。「密」な環境ゆえに、サービスができなくなった業態もある。

 大阪・ミナミにある老舗串カツ店「だるま道頓堀店」。今月中旬、1カ月ぶりに営業再開した店のカウンターから、秘伝ソースが入った銀色の缶容器が消えた。代わりにあるのはソース入りボトル。間隔を空けて座った客が、ボトルのソースを串カツに直接かけたり、皿に注いだりしていた。

 店では1929年の創業以来、缶に入ったソースを、見知らぬ客同士で共用する食べ方を続けてきた。一度口にしたカツはソース缶に入れない「二度漬けアカン」も、いつしかルールになった。

 そんな伝統の食べ方に、新型…

この記事は有料記事です。残り1707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]