フジテレビの番組「TERRACE(テラス) HOUSE(ハウス) TOKYO 2019―2020」に出演していたプロレスラー木村花さんが23日に亡くなったと、木村さんの所属団体「スターダム」が同日発表した。22歳だった。関係者によると、同日未明に都内の自宅から心肺停止で救急搬送されたという。

 テラスハウスは複数の男女がシェアハウスで生活する様子を放送する恋愛リアリティー番組。昨年5月から動画配信大手のネットフリックスで配信され、フジテレビでも放送されている。木村さんの死去を受け、ネットフリックスは5月26日と6月2日の配信を、フジテレビは5月25日深夜の放送を休止すると発表した。

 番組内での出演者とのやりとりをめぐり、SNS上では木村さんを誹謗(ひぼう)中傷するコメントが集まっていた。木村さんのものとみられるインスタグラムのアカウントには23日未明、目を閉じた自身の写真とともに、「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」というコメントが投稿されていた。

 スターダムは「突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀(かな)しみとなり、大変申し訳ございません。詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」とのコメントをホームページ上に掲載した。フジテレビは23日、「木村花さんの突然の訃報(ふほう)に接し、言葉を失っております。ご親族の皆様へ謹んでお悔やみ申しあげるとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます」とするコメントを出した。

 ネットフリックスで同番組は日本や米国など世界約190カ国・地域で配信されているという。木村さんの訃報は英BBCなど海外のニュースサイトでも報じられたほか、米国のツイッターでも木村さんを悼むハッシュタグがトレンド入りした。