バイデン氏失言「私かトランプ氏で迷うなら黒人でない」

有料記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 11月の米大統領選民主党候補者指名を確実にしているバイデン前副大統領は22日、黒人の若者に人気のラジオ番組に出演した際、米大統領選に関連し、「もしあなたが私を支持するか、トランプ氏を支持するか、迷っているのであれば、あなたは黒人ではない」と語った。人種によって投票先を選別する差別発言と受け取られかねない失言であり、バイデン氏は同日中に謝罪し、撤回した。

 バイデン氏はオバマ前大統領の副大統領を務めていたことから黒人有権者の人気が高い。一連の民主党予備選の流れを変えた2月のサウスカロライナ州予備選での勝利は、黒人有権者の支持を得たことが大きい。今回のバイデン氏の発言の背景には、差別的言動の多いトランプ氏よりも自身が黒人有権者に支持されていると誇示する心情があったとみられる。

 しかし、バイデン氏の発言はすぐさまソーシャルメディア上でリベラル派はもとより、保守派からも厳しい批判が殺到した。

 バイデン氏は発言の数時間後…

この記事は有料記事です。残り204文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!