3児のママ「コロナで目覚めた」 教育委員会を訪ねた日

有料記事新型コロナウイルス

小瀬康太郎、奥村智司
[PR]

 6月25日告示の鹿児島県知事選まで1カ月。その鹿児島県知事の記者会見などを伝える動画の視聴回数が、新型コロナウイルスの感染が拡大した今春から急増している。コロナ禍は政治が暮らしに大きな影響を与えると有権者に痛感させた可能性を識者は指摘している。

 「外出の『不要不急』の線引きってどこなの?」

 「様々なことを考えて(外出は)それぞれで判断、と言われても……」

 今月14日夜、県内の「ママ友」3人がLINEでこんなやりとりを続けた。話題は、地元の民放が動画を配信していた知事の臨時記者会見。この日、鹿児島県を含む39県の緊急事態宣言が解除された。知事は解除をうけた会見で、不要不急の外出はなお控えるよう求めていた。3人は知事と報道陣の質疑を視聴しながら、何度も意見を交わした。

 その一人が、鹿児島市でイベント企画を手がける上川知子さん(38)。幼稚園児から中学生までの3人の子どもがいる。

今回のコロナ禍が有権者にもたらした意識の変化などについて政治学の教授に聞きました。記事の後半で紹介しています。

■我が子を通わせて大丈夫か…

この記事は有料記事です。残り1235文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]