[PR]

 さいたま市は23日、新型コロナウイルスに感染後、一度陰性となった市内の80代女性が再び受けた検査で再陽性となったと発表した。県内で確認された感染者は中国・武漢市からの帰国者4人を含めて延べ1001人となった。

 市によると、女性は4月5日に発症して医療機関に入院し、同10日に陽性と判明。その後、5月上旬にPCR検査を2度受けて陰性だったが、体調不良で入院を続けていた。20日に発熱し、22日に陽性が判明した。