[PR]

やまと診療所② 在宅医療PAたち

 東京の板橋区を本拠に、在宅医療をする「やまと診療所」。ここには、こんな肩書のスタッフが30人ほどいる。

 「在宅医療PA」

 PAは「Physician Assistant」の略。米国で集中治療室などでの医療行為をおこなえる国家資格だ。その名を借り、在宅医療の現場で医師の「スーパーアシスタント」として、やまと流に独自につくったポジションである。

 仕事は、運転、カバン持ち、カルテの打ち込み。そして、患者と家族を支えるため、医師、ケアマネジャー、ヘルパーと心をつなげる架け橋になる。患者と家族の立場に立ち、医師らに意見もする。

 医師でも看護師でもない。医療関連の国家資格を持っているわけではない。だから医療行為はできない。たとえば、ガーゼをはずすのはOKだが、薬を塗るのはNGである。医療行為か否か、その境界線を徹底的に仕込まれている。

 採用基準は、人柄だ。学歴、経歴、不問。だから、前職は、いろいろ。目の前にいる人の幸せが自分の幸せだ、と言い切れるかどうかを見られる。医療の現場に立つのだ。その行動が、人の生死にかかわるのだ。だから、修業はやさしくなく、1年で離脱してしまう人もいる。

拡大する写真・図版PAの西山千草さん。この春、マネジャーに昇格。後輩の指導役、そして経営陣とPAとのつなぎ役もこなしている

 やまと診療所には欠かせない。うたい文句ではなくて、本当に「24時間365日」を実現しているのは、PAという存在があってこそなのだ。

 PAの月給は21万円からスタ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら