ユニクロ、夏でも蒸れないマスク販売へ 販売競争が激化

有料記事新型コロナウイルス

佐藤亜季
[PR]

 衣料品大手のユニクロが夏でも蒸れにくいマスクを販売する。通気性がよく乾きやすいとされる素材を使って、自社でつくる。新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの需要は根強く、集客につなげるねらいだ。価格や発売時期は未定。

 ユニクロを展開するファーストリテイリング柳井正会長兼社長は、当初、マスク事業への参入に否定的だった。4月の決算会見では「マスク製造の考えはない。服をつくるのが本業だ」と発言していた。外出自粛や店舗の休業もあって客足が遠のくなか、方針を転換したとみられる。

 開発するにあたって目を付け…

この記事は有料記事です。残り168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]