[PR]

 近畿3府県で緊急事態宣言が解除されて初の週末となった23日(土曜日)、3府県を中心に人出が大きく戻ったことがわかった。25日に解除が見込まれる首都圏でもじわりと増えている。

 ソフトバンクの子会社アグープから、スマートフォンの位置情報をもとに集計した主要駅周辺の推計人口データを提供してもらい、午後3時台の人出を1週間前の16日と比べた。

 前の週と比べて増加率が特に大きいのは大阪駅、大阪メトロ梅田駅で、それぞれ96・0%、94・3%。3府県ではほかに、なんば駅(大阪市)68・2%、京都河原町駅(京都市)が63・1%、三ノ宮駅(神戸市)は39・6%だった。大阪では、その前週の9日と比べると増加傾向が顕著で、梅田駅が2・5倍、大阪駅は2・3倍、なんば駅は2・1倍となった。

 宣言が続く首都圏1都3県でも、前の週と比べて池袋駅47・7%、吉祥寺駅42・7%、横浜駅36・4%などの増加となった。他の都市では那覇空港駅80・4%、栄駅(名古屋市)63・4%、博多駅(福岡市)62・7%、金沢駅54・7%などが目立つ。(嘉幡久敬

上野も買い物客大勢

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除を控える東京・上野のアメ横商店街では24日、大勢の買い物客が繰り出し、かつてのにぎわいを取り戻したようだった。店先からは威勢のいい呼び込みとともに、「宣言が解除されても安心できませんよ!」と、行き交う人にマスク着用を促す掛け声も飛んでいた。

 商店街には軒先にマスクが入った段ボール箱を山積みにした店や、「激安」と銘打って消毒液を販売する店も。小さなテーブルを囲んで客が密集する居酒屋でも多くの客が杯を交わし、上機嫌に語らっていた。(加藤諒)

23日の主な駅の人出増減率

札幌駅(北海道)   -1・3%

勾当台公園駅(宮城県)+7・7%

水戸駅(茨城県)   +33・3%

大宮駅(埼玉県)   +32・…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら