拡大する写真・図版名主川千恵さんがインスタグラムに投稿した手作り和菓子の数々

[PR]

「菓子屋のな」 名主川千恵さん

 餅色をした外郎(ういろう)の皮ごしに、包んだスペアミントや大葉、山椒(さんしょう)などの葉が浮かぶ。リンゴや白みその餡(あん)と一緒に、初夏を閉じ込めたかのような和菓子。「結(むす)び葉(は)」と名付けた。

 「それぞれの異なる葉っぱの香りと、あんこの味の重なりを楽しむための一箱です」

 こんな文章を添えて、京都市下京区の名主川(なぬしがわ)千恵さん(38)は19日、折り箱に詰めた写真をインスタグラムに投稿した。

 「いいね!」は800人以上に。「未知のお菓子!絶対食べたい」「美しいなー!」などのコメントには、1件ずつ返信。やりとりが次の和菓子のアイデアにつながることもある。

 手作り和菓子のインスタ投稿を始めたのは、2018年2月。フォロワーは5千人を超えた。

拡大する写真・図版「菓子屋のな」をオープンした名主川千恵さん(右)と夫の野崎高行さん=2020年5月1日、京都市下京区醒ケ井通万寿寺角、白見はる菜撮影

 「好きな文学作品のフレーズを…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら