[PR]

 中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相は24日、全国人民代表大会(全人代)にあわせて記者会見した。香港での反体制的な動きを封じる国家安全法制について、「必ずやらなければならない」と中国側の決意を強調。対米関係では「米国の一部勢力が(米中を)新冷戦に向かわせている」と批判し、香港問題や新型コロナウイルス対応で圧力を強めるトランプ政権への対抗姿勢を鮮明にした。

 王氏は全人代で提案された香港の国家安全法制について「香港に関わることは中国の内政であり、いかなる外部からの干渉も許されない」と断ったうえで、「国家の安全を守ることは中央の権限であり、どの国にも当てはまる。中央政府は地方の安全を守ることに最大の責任を負っている」と正当性を強調した。

 香港の現状については「昨年6月から独立派や分裂派によるテロ活動がエスカレートし、外部勢力も深く介入している。『一国二制度』への大きな脅威になっている」との認識を示し、新法制の確立を「遅滞なく、必ずやらなければならない」と力を込めた。

 一方、「(新法制は)ごく少数…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら