[PR]

 25日午前6時10分ごろ、那覇市具志3丁目のゲーム喫茶店で、男性従業員から「首を傷つけられた」と110番通報があった。沖縄県警によると、従業員の男女2人が男に刃物のようなもので切りつけられ、女性はまもなく死亡した。男は逃走しており、県警は強盗殺人事件として捜査している。

 豊見城(とみしろ)署によると、男性従業員の話では、午前6時ごろ、営業中の店でしばらく客として店内にいた40代くらいの男から現金を要求された。断ったところ突然、首を切りつけられた。その後、近くのコンビニに駆け込み、警察に通報した。この男以外に当時店内に客はいなかった。

 現場は那覇市郊外で那覇空港そば。パトカーが急行した当時の様子を近所の人が見ていた。

 近所の70代男性によると午前6時15分ごろ、散歩のため自宅を出た際、パトカーがやってきて、警察官に喫茶店の場所を尋ねられた。店はシャッターが閉まっており、警察がドンドンとたたいていた。まもなく救急車に人が運び入れられたという。

 現場となった店は近年、何回か店名が変わっていた。新型コロナウイルスの影響かはわからないが、シャッターが閉まっていることが多かったという。男性は「近くで事件があり、ビックリしている。捕まらないのが心配」と話した。