[PR]

 乗員約150人が新型コロナウイルスに感染したクルーズ客船コスタ・アトランチカ(イタリア船籍、約8万6千トン)が停泊中の長崎市に、ひときわ心を痛める男性がいる。地元に寄港する客船の撮影を続け、乗員とも交流してきた。再び、船が行き来する日を心待ちにしている。

 「あれ?」

 4月18日夜。三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊するコスタ・アトランチカを撮ろうと、海を挟んだ市内の埠頭(ふとう)に三脚を立てた松園雄介さん(26)は、異変に気づいた。乗客がいないはずの客室に明かりがついている。しばらくして、SNSを通じて交流がある乗員の男性からスマートフォンにメッセージが来た。「熱が出ている人がいる」

 「まさか、コロナじゃないよな」

 2日後、長崎県と長崎市は乗員1人の陽性を確認したと発表した。感染者は25日までに148人に。船内では、600人余の乗員が客室に隔離されていた。

 松園さんは長崎出身。大学4年生だった2017年から、本格的に客船を撮り始めた。就職後は配属先の大分県で暮らしたが、年200隻前後が寄港する長崎で船を撮り続けたいと、長崎市内の会社に転職した。

#がんばれコスタアトランチカ SNSで発信

 お気に入りは長崎港の入り口にかかる女神大橋。最大級の客船が通れるよう海面からの高さは65メートルもある。ライトアップされた橋を絡めて撮影したり、橋の上から撮ったりしている。

 1年ほど前からSNSで写真を公開すると、外国人の乗員やその家族からメッセージが届くようになった。「仕事は大変だけど、写真を見ると頑張れる」「家族が乗っているので、写真を譲ってもらえませんか」。出入港時に橋で撮影すると伝えると、甲板で手を振ってくれる人もいた。

 今年1月、中国で新型コロナが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら