[PR]

 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は、新型コロナウイルス対策の影響によって世界で子どもへのポリオやはしかなど通常のワクチン接種が停滞していることを取り上げ、「命への大きな脅威となる」と22日の記者会見で危機感を示した。

 テドロス氏は、新型コロナの影響で通常のワクチン接種の活動が「少なくとも68カ国で大幅に停滞し、8千万人の子どもが影響を受けている」との分析を報告。「命を救う多くのワクチンが既にあり、それを子どもたちに届け続けなければならない」と述べた。WHOは新型コロナ対策と両立させる形でのワクチン接種活動の指針を発表するとしている。

 会見には、ワクチン接種の推進でWHOと協力する国連児童基金(ユニセフ)のヘンリエッタ・フォア事務局長も参加。フォア氏は、医療機関が新型コロナ対応で手いっぱいになったり、移動制限で親が外に出なくなったりしてワクチン接種が進まず、渡航制限の影響で供給も滞る現状を報告し、「子どもの権利の危機になることを恐れている」と訴えた。また、人と人との距離をとりながら通常のワクチン接種を継続しているラオスなどの例を紹介した。(ウィーン=吉武祐)