天皇陛下は25日、皇居内の生物学研究所わきの水田で田植えをした。苗は4月に陛下がまいた種もみを栽培したもので、うるち米のニホンマサリと、もち米のマンゲツモチの苗計20株を植えた。稲作は、昭和天皇の時代から受け継がれており、陛下が田植えをするのは昨年に続いて2度目。

 陛下は長袖のシャツに紺色のズボン、黒の長靴姿で、苗を一つずつ素手で植えた。米の収穫は9月下旬の見通しで、新嘗祭(にいなめさい)などに供えられる。