[PR]

 日本小児科医会は25日、2歳未満の子どもにはマスクは必要ないとする声明を発表した。呼吸がしにくくなるなど、むしろ危険な場合もあるとし、保護者らに注意を呼びかけている。

 医会によると、乳児は呼吸器の空気の通り道が狭いため、マスクの着用は呼吸をしにくくさせ、心臓の負担になるという。ほかにも、マスクそのものや嘔吐(おうと)物による窒息のリスクが高まる▽マスクで体内に熱がこもり熱中症のリスクが高まる▽顔や唇の色、表情の変化など、体調の異変に気づくのが遅れる――などの健康影響が懸念されると指摘している。

 一方、声明では、世界的に子どもの感染例は少なく、重症例もきわめて少ないと説明。学校や幼稚園、保育園でのクラスター(感染者集団)の発生はほとんどないとしている。

 米疾病対策センター(CDC)がウェブサイトに掲載している「Q&A」でも、子どものマスク着用については「2歳以上の子どもが人と接するような外出をする場合には勧めるが、2歳未満の子どもは窒息の恐れがあるため使わないで」としている。

 日本小児科医会の神川晃会長は「マスクの中では熱が逃げず、熱中症の危険が高い。また、赤ちゃんは吐くことが多く、それによる肺炎や窒息の心配も出てくる」と話している。(熊井洋美)