[PR]

 世界保健機関(WHO)の年次総会に台湾のオブザーバー参加が実現しなかった問題で、茂木敏充外相は25日の参院決算委員会で「オブザーバー参加はWHOの事務局長が決められる。呼びゃあいいんですよ、極端に言えば」と述べた。「中国寄り」との見方もあるテドロス・アダノム事務局長を批判した形だ。

拡大する写真・図版茂木敏充外相

 茂木氏は「台湾のような公衆衛生上の成果をあげた地域を含め、知見が広く共有されることが重要だ」と強調。オブザーバー参加は事務局長が決められるとし、「主体的にリーダーシップを発揮することをぜひ期待したい」と語った。日本維新の会の柴田巧氏が「参加に向けてどういう取り組みをしていくか」と質問したのに対する答弁。

拡大する写真・図版世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長

 政府は国際的な保健課題への対応で「地理的空白」を生じさせるべきではないとの立場から、台湾の参加を一貫して求めている。