[PR]

 朝日新聞社、毎日新聞社、日本将棋連盟でつくる名人戦実行委員会は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って延期していた第78期将棋名人戦七番勝負を、6月10日に開幕することを決めた。新たな感染拡大を防止する態勢を十分整えた上で、6~8月に開催する。前夜祭や大盤解説会は開かず、対局のみ実施する。

 開幕日が決まったことを受けて、豊島将之名人(30)=竜王とあわせ二冠=と挑戦者の渡辺明三冠(36)が取材に応じた。

 初防衛を目指す豊島名人は「対局できる環境になったのはうれしい。対局から遠ざかっているので不安はあるが、当初開幕が予定されていた4月の時の気持ちに持っていけるようにして、いい将棋を指したい」と語った。

 名人戦初登場の渡辺三冠は「2カ月遅れになったが、開幕が決まったので、ここから気持ちを高めていければ。防衛戦となる棋聖戦五番勝負も始まるので過密日程になるが、経験はあるので問題ないと思う」と述べた。

 七番勝負の日程は以下の通り。

 ◇第1局6月10、11日、戸田家(三重県鳥羽市)

 ◇第2局同18、19日、天童ホテル(山形県天童市)

 ◇第3局同25、26日、将棋会館(東京都渋谷区)

 ◇第4局7月27、28日、ホテル椿山荘東京(東京都文京区)

 ◇第5局8月7、8日(対局場は未定)

 ◇第6局同14、15日(同)

 ◇第7局同27、28日(同)